借入金計算システム | MIシリーズMOREソフト価格一覧表 |住宅ローン繰上げ返済計画 |HOME

ザウルスMOREソフト操作説明

借入金計算の一部繰り上げ返済シミュレーション「期間短縮型」編
住宅金融公庫2段階金利返済編

説明の中で入力しますとあるのは、入力したい項目に数値を入れ後、入力キーを押すことを意味します。 (数値を入れただけでは入力したことになりませんのでご注意ください。以下同じ)

◆借入金計算システムの一部繰り上げ返済シミュレーション「返済額軽減型」編

例1、実際の償還表が手元になく借入額、借入利率、借入期間が下記のようなとき

元利金等返済の毎月返済方法で 10年前に年利 4%、返済期間30年、借入額 1,000万円を借りている場合 で 100万円を一部繰り上げ返済した場合

借入金計算システムメニュー 操作手順
  1. 借入金計算システムのメニューから元利金等返済の返済額にタッチします。
  1. 返済方法の項目から月にタッチします
  2. 借入金額の項目に10'000'000と入力します。
  3. 借入利率の項目に 4を入力します
  4. 借入期間の項目に 30を入力しますと毎月の返済額が計算されます。
  5. 画面右下の「償還表」ボタンにタッチすると毎回の償還表が作成されます。
償還表
  1. 償還表画面の「表示したい年数: 」の白抜き枠をタッチペンでタッチして10を入力します。
  2. 償還表の120回(10年)目が強調表示された償還表になります (ザウルスの”順送り”、”逆送り”キーを押し下げることによって償還表の経過年数表示を1画面づつ進めたり、 戻したりすることができます。)

  3. 返済回数120回(10年)目の残債(7878395)に2回タッチして、「修正」ボタンの表示が「繰返」に変わったことを確認後、「繰返」ボタンにタッチ すると繰上げ返済計算画面に移ります。
  1. 一部返済額の入力欄にタッチして一部返済額 1'000'000円を入力しますと残債が 6'878'395円となり、残り返済期間 20年 借入利率 4%とのときの毎回の返済額41'681円、総返済額10'003'612円および一部返済をしなかったときとの総返済額の差 -1'454'355円が計算されます。

  2. 尚、一部返済額を変更したい場合は一部返済額にタッチしてデータを入力します。
    *借入利率等を変更する前であれば、一部返済額にタッチすると借入金額が一部返済前の残債(7878395)に戻るので、 一部返済額を何度でも変更してシミュレーションすることができます。
  1. 一部返済するときに借入金額が3%に下がっていたと仮定しますと、借入利率にタッチして3と入力します。

例2、借入れたときの償還表が手元に有り、一部繰り上げ返済しようとしているときの融資残高、残り返済期間、返済利率、毎回の返済額が下記のようなとき

元利金等返済の毎月返済方法で 融資残高(7'878'395円)、残り返済期間(20年)、現在の毎回返済額(47'741円)、一部繰り上げ返済時の返済利率(年利 3%) で 100万円を一部繰り上げ返済した場合

*例は10年目の区切りで繰上げ償還していますが、実務上では年単位よりも何年何ヶ月というように端数月が 出る場合が多いと思います。従いまして、端数月の計算間違いによる不正確なシミュレーションを防ぐ意味で、 償還表が手元にある場合でも操作2の要領を推奨します。

操作手順1
  1. 借入金計算システムのメニューから元利金等返済の返済額にタッチします。
  2. 返済方法の項目から月にタッチします。
  3. 借入金額の項目に現在の融資残高(7'878'395円)から一部返済額(1'000'000円)を差引いた金額 6'878'395円を入力します。
  4. 借入利率の項目に 3を入力します。
  5. 借入期間の項目に 20を入力しますと100万円を繰り上げ返済後の毎月の返済額 38'147円が計算されます。
    繰り上げ返済、償還表有り
    (繰り上げ返済後の毎月の返済額 38'147円−現在の毎回返済額 47'741円)×12ヶ月×20年= -2'302'560円が 100万円を繰り上げ返済しなかったときとの総返済額の差です。

  6. 上記の計算をシミュレーション画面から連続して行う方法。
    1. 毎月の返済額 38'147円をタッチペンでなぞって反転させてから「電卓」ボタンにタッチします。
    2. 電卓画面の表示窓に38'147が入っているのを確認してから電卓画面を
      −47'741=×12×20= と操作しますと-2'302'560円が求められます。

操作手順2
  1. 借入金計算システムのメニューから元利金等返済の返済額にタッチします。
  1. 返済方法の項目から月にタッチします
  2. 借入金額の項目に10'000'000と入力します。
  3. 借入利率の項目に 4を入力します
  4. 借入期間の項目に 30を入力しますと毎月の返済額が計算されます。
  5. 画面右下の「償還表」ボタンにタッチすると毎回の償還表が作成されます。
償還表
  1. 償還表画面の「表示したい年数: 」の白抜き枠をタッチペンでタッチして10を入力します。
  2. 償還表の120回(10年)目が強調表示された償還表になります (ザウルスの”順送り”、”逆送り”キーを押し下げることによって償還表の経過年数表示を1画面づつ進めたり、 戻したりすることができます。)

  3. 返済回数120回(10年)目の残債(7878395)が、手元にある償還表の(償還時点)残債に一番近いことを 確認してから、残債(7878395)に2回タッチして、「修正」ボタンの表示が「繰返」に変わったことを確認後、「繰返」ボタンにタッチすると繰上げ返済計算画面に移ります。
  1. 一部返済額の入力欄にタッチして一部返済額 1'000'000円を入力しますと残債が 6'878'395円となり、残り返済期間 20年 借入利率 4%とのときの毎回の返済額41'681円、総返済額10'003'612円および一部返済をしなかったときとの総返済額の差 -1'454'355円が計算されます。

  2. 尚、一部返済額を変更したい場合は一部返済額にタッチしてデータを入力します。
    *借入利率等を変更する前であれば、一部返済額にタッチすると借入金額が一部返済前の残債(7878395)に戻るので、 一部返済額を何度でも変更してシミュレーションすることができます。
[実務上の注意]
借入金計算の一部繰り上げ返済シミュレーション「期間短縮型」編
住宅金融公庫2段階金利返済編

借入金計算システム | MIシリーズMOREソフト価格一覧表 |住宅ローン繰上げ返済計画 |HOME